買取にだした着物はどう再利用される?

kasakimmo

着物買取で買い取られて言った着物のほとんどは何らかの形で再利用されることになります。
その再利用の方法として最も多いのが転売で、例えば正絹で出来た訪問着や振り袖といったような格式の高い着物はほとんどが転売されるとみて間違いないでしょう。
かつてと比べると着物文化は衰えたとは言え、冠婚葬祭の場ではまだまだ根強い人気があります。

しかし新品の着物となるとかなり高額になりますから、まだ使うことが出来る格式の高い着物であれば転売されて、そこで再利用をされるということになるのです。
また格式の高い着物以外はどうなるのかというと、これも転売されることが多いでしょう。

特に伝統工芸によって作られた紬などになると国内の着物ユーザーに強い需要がありますから、そうした人に向けて専門業者などで取り扱われることがあります。
格式が低い、また伝統工芸でも無いという場合でもインターネット販売が出来たことでかなり売りやすくなっていますから、着物買取で買い取られた着物の多くは転売されて再利用されます。
ちなみにこうした転売が出来ない場合はどうなるのかというと、基本的に転売が出来ない着物に関しては着物買取がされないか、もしくはリメイクの素材として活用されることになります。

例えば大きな汚れが付いているために着物としては活用することが出来ないという場合であったとしても、バッグなどの和装小物として作りなおせばまだまだ使用することは出来るでしょうし、また別の着物を修理するための素材としても使用することが出来るでしょう。

最近では海外の人の中にも和装小物を欲しがる人が増えてきていますから、海外向けのショッピングサイトなどで販売されているようなこともあります。
もちろん単純な転売と比べると手間がかかりますから全体から見ればそうした形で再利用されているのは少ないのですが、着物買取に出すことは着物をただ捨ててしまうよりも遥かに意味のあることなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>