高い買取価格のつきやすい着物の特徴

着物買取で良い評価がつきやすい着物には特徴がありますが、大原則としては綺麗な状態であることです。リユースやリサイクルの為に着物買取をしますので、状態が悪く価値が低いようですと買取は難しくなります。例えばカビが生えている、虫食いがある、色褪せが目立つなどの状態ですと売れにくいと考えておいた方が良いでしょう。反対に使用感が少なく、利用価値が高いと判断されれば価値がつきやすくなりますし、着物買取に出す時の為にも日頃の保管方法が大切と言えます。

kimoegao

十分なサイズがある着物も価値がつき易い傾向があります。サイズがあると価値が高い理由としては、まず日本人の平均身長が伸びているからです。その為、古い着物ですとサイズが小さく売れにくくなることがあるのです。

サイズが十分にあるとお直しができるのも価値が付きやすくなる理由です。ある程度のサイズがあれば着る人によってサイズ調整ができるようになりますので、サイズにゆとりがあった方が有利になることがあります。

証紙がある着物も価値がつきやすいとされています。証紙というのは登録商標のことですが、要はどこが産地の着物なのかを示す為の付属品です。着物は産地や織り方などによって価値が違ってきますが、価値を判断する為にも証紙があったほうが有利になるのです。仮に紛失してしまってなくした場合でも買取をしてもらうことはできるものの、しかしながら証紙がないというだけで買取価格が大きく下がってしまうことも少なくありません。ですからなくさないように注意が必要であり、保管している際には欠かさずにセットにしておくと良いでしょう。

著名な作家が手掛けた物だったり、有名な産地、アンティーク、伝統工芸品などの着物も価値がつきやすいです。こういった着物は元々の価値が高かったり、コレクターも存在していますので高値をつけてもらいやすい傾向があります。ですから時には眠らせていた着物が有名な作家の物だったりして高価格で買取をしてもらえるようなケースもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>